いつでも相談経営ナビゲート

~紙芝居劇場~

もう少し具体的に教えてほしいのだけれど…

「いつでも相談できる」ってどういうこと?


「いつでも」は建前ではありません。本当にいつでも携帯電話に電話してください。もちろん、定期訪問として月に一度お伺いし、資金繰りや試算表の情報を共有させていただきます。

ただ、それだけではございません。不明な点や不安に思ったらご連絡ください。

経営者であるあなたの頭に不安がよぎったとき、ご連絡をしていただいていいんです。その相談に対して、様々な選択肢を根拠とともにお話いたします。

なぜならば「選択肢はこれだけあります」「その選択肢を選んだ場合はこうなります」と、いくつもの選択肢をお話しますので、経営者自らの意思で、ベターな選択肢を決裁していただけると思います。

どんなことまで相談にのってくれるの?


ご相談には限りがありません。安心して経営していただくためにはどんな些細なことでもご相談にのります。継続的に連絡を取り合うことで、経営者の考えや不安、不明な点を共有できるので、経営に対する将来の可能性、リスク、メリット、デメリットを明確にしていけるのです。たまには、雑談をしたり愚痴を聞かせていただくこともございます。

「これってどう思う?」とすぐに意見を求める相手がいないんだよね


経営者は、ご自身のお考えを、同業者や社内の人間といった周囲の人にすべてさらけだして事業を行うことは難しいと思います。だからこそ、不安や不明な点、迷いを共有できる人間が必要ではないでしょうか。ふとした時に、「この選択肢を選ぼうと思うんだけど、どう思う?」といったことを、いつでも気軽に相談できる相手としていたいと思います。

更新日:

Copyright© 原辰彦税理士事務所 , 2021 AllRights Reserved.