動画ブログ

経営者と社員で大きく異なるコスト意識・従業員に納得させるには

投稿日:

人を雇うとなると、いろんな問題がありますが、
大きいのは経営者と従業員のコスト意識の違いです。
従業員は、
「給料がこれだけだから自分の仕事はここまで」という考え方に
陥りがちです。
しかし、従業員の給料はどこから来るのか?
それは売上です。その売上のうち、人件費率は3割。
つまり、給料で21万円もらっていたら、
最低でも70万円以上は売上に貢献しなければならないのです。
1日でいくらなのか、1時間でいくらなのか。
給料21万円の場合、時給換算では1,050円になりますが、
1時間あたり3,500円売り上げて初めてトントンなのです。
こういった意識の刷り合わせをせずに、仲違いするのが最も意味の無いことです。
意識を共有したうえで「あなたにこういう仕事をしてほしい」と
しっかり伝えるのも経営者の仕事です。

-動画ブログ

Copyright© 原辰彦税理士事務所 , 2021 AllRights Reserved.