事業承継

会社の経営を引き継ぐ準備をお手伝いします

写真

経営者のみなさん。あなたはいつまでトップとして経営に携わられる予定ですか?

「いや、いつまでもトップとして会社を引っ張っていきたい」そのお気持ちはわかります。しかし、人の命は永遠ではありません。でも、あなたの会社は永遠に続いていきます。いや、続かせなければなりません。そのために考える必要があるのが「事業承継」です。

・できるだけ今の状態のままで次の代に引き継ぎたい
・引き継ぐタイミングがわからない
・誰に引き継いだらいいのかわからない

→計画的な承継を一緒に考えましょう!まずはご相談ください


誰に引き継ぐのか?

誰に事業を承継することが、会社のためになるのか考えたことはありますか?ただ漠然と「その時はその時だろう」では、残された会社がうまくいかなくなってしまうかもしれません。

まずは誰に承継するのか。親族に承継?従業員に承継?M&Aで第三者に承継?

承継者には資金があるのか、承継者はいるのか、探す必要があるのか。

事業承継を考えるのに、早すぎるということはありません。いざとなったら誰も継いでくれず、あなたが引退したら会社も清算では、せっかく積み上げてきたものが台無しになってしまいます。

あなたが汗を流して、努力を重ねて、苦労して作り上げた会社を、未来へとつなげる準備をしましょう。

まだまだ先だから…と遠慮される必要はありません!


思い込みはやめてはっきりさせましょう

子どもが継いでくれると思っていたら、子どもは別のことを考えていた。自分が引退したら次をまかせようと思っていた従業員が独立してしまった。M&Aを考えていたがいざとなったら相手が見つからない…。

こういったことが起きるのはすべて、自分の思いは伝わっているだろう、思い通りに進むだろうという思い込みです。

「いつ」「誰に」「どのように」事業を承継するのか、あらかじめしっかりと計画を立てておき、ビジョンを明確にして共有することが大切です。

思いを形にして未来へのビジョンを立案するお手伝いをいたします


こちらで、事業承継のトピックについてわかりやすくお話しています。ぜひご覧ください!


連携してあなたのお悩みを解決いたします!
名古屋ユナイテッド・パートナーズ法律事務所ユナイテッド・パートナーズ社労士事務所司法書士佐々木事務所プロたくす
事務所のご案内 ごあいさつ プライバシーポリシー メールでのお問い合わせはこちら ▲このページのトップへ